イヌの皮膚疾患|愛らしいティーカッププードルが人気|愛犬にするならこの仔

愛らしいティーカッププードルが人気|愛犬にするならこの仔

イヌの皮膚疾患

獣医

犬の皮膚病は種類が多く、その数は100種類以上あるともいわれています。原因もいろいろあり、免疫力低下・不衛生・アレルギー反応・寄生虫などが主な原因といわれています。免疫力の低下で起きるのは膿皮症で、飼い犬が最もなりやすい皮膚病です。人間もそうですが、犬の皮膚にも常に存在している菌がいます。その菌は自身の免疫力が低下すると大増殖して、皮膚に痒みを発生させます。不衛生による皮膚病は多くありますが、いつ身近にあってもおかしくない原因はカビ(真菌)です。カビは湿度が高いところで急速に繁殖し、人間にも影響を及ぼします。犬はカビによって真菌感染症になりやすく、皮膚が鱗状になって多量のフケが生じます。円形脱毛や紅斑、皮膚が厚くなるなどの症状もみられます。アレルギー反応ではアレルギー源が人間と似ており、ほこり・ハウスダスト・食物・植物・花粉など特定された物に接触すると皮膚異常が起きます。ほこりなどは吸い込むことで、鼻炎のような症状を示すことがあります。寄生虫は人間も恐れるダニのことで、症状では痒みが必ず起こります。皮膚病を起こす寄生虫は、ダニ以外にもハジラミやノミがいます。

犬が皮膚病になってしまった時は清潔にする必要があり、飼い主さんはシャンプーに関しても敏感になります。シャンプー選びは皮膚病を悪化させないためにも大切なことで、犬の肌質についても勉強が必要です。人間の肌質は弱酸性ですが、犬の肌質はアルカリ性なのでアルカリ性のシャンプーがおすすめです。皮膚病を抱えるワンちゃんと暮らす飼い主さんに人気のシャンプーは、刺激となる添加物などが入っていないシャンプーです。添加物などの刺激物は皮膚が弱っている時には不向きであり、香料は嗅覚に優れる犬にとっては逆効果になることがあるので、余分なものが入っていないシャンプーが好まれています。洗い過ぎも肌荒れの原因になるのでリンス不要なシャンプーもおすすめですが、皮膚病の種類によって殺菌効果や炎症抑制効果が必要な場合もあるので、症状に合ったシャンプー選びが大切です。

Copyright © 2016 愛らしいティーカッププードルが人気|愛犬にするならこの仔 All Rights Reserved.